口腔ケア用品


光るスポンジブラシ ピカスポ ・スポンジブラシ

光るスポンジブラシ ピカスポ 使用実例

大切です。口腔ケア

厚生労働省によると、肺炎にかかって亡くなる人の割合は亡くなる方全体の主な死亡原因の第3位で9.4%を占めています。更に日本は世界でも珍しく高齢者がほとんどです。
ここ近年テレビ報道や、厚生労働省、歯科医師会、8020推進財団他様々な機関、学会等でもよく取り上げられる口腔ケアですが、口腔ケアをしっかりすることにより、肺炎リスクを下げるということは徐々に認識されてきました。

口腔ケアのメリットは大きく(1)唾液の分泌を促進する、(2)感染症や発熱の予防、(3)認知症の予防、(4)誤嚥性肺炎の予防、(5)口腔機能の低下などがあります。口腔ケアはプロフェッショナルな方でも2名体制で実施することが望ましいといわれていますが、実際はなかなか人が足りないといった現場の声が上がっているということも言われております。

口腔ケアは難しい?

さて、口腔ケアで大切なポイントは、汚れを見つける、汚れを取り除く、取り除いた汚れを口腔外に排出する。この3つです。 下のイラストのように、汚れを見つけられない、暗くて汚れの見落としがあるというのは口腔ケアの大きな問題となります。

光るスポンジブラシ ピカスポの3つのポイントで問題を解決!

では、口腔ケアの強力なミカタとなる新製品「光るスポンジブラシ ピカスポ」の3つのポイントで、口腔ケアによくある問題を解決していきましょう。

ポイント1 何が違うの?ピカスポ 明るくて見えやすい!

本体に付属のスポンジブラシを装着、スイッチ一つで、ピカスポ本体から「発光」、さらにスポンジブラシと柄の部分から「360度分光」します。(特許出願中)

ポイント2 何が違うの?ピカスポ 汚れを見逃さない!

【ピカスポ】は、口腔清拭、口腔粘膜ケアを「安全に、すみずみまで」行うことを目的とした「ピカっと光るスポンジブラシ。」を茨城県立医療大学と筑波メディカルセンター病院の協力を得て共同開発した製品です。

ポイント3 何が違うの?ピカスポ 片手でできる!

ピカスポを使うことで、明るさを確保するのために、片手でスポンジブラシ、もう一方の手でペンライトを持ち口内を照らす必要がなくなります。また、スポンジブラシ付近から発光しますので、手が影になって見えないということもなくなります。片手でスポンジ操作と明かり確保が同時に行えますので、作業する方の負担軽減につながります。

その他にも便利な機能がたくさん。ピカスポ 

本体は持ちやすく、裏側にある二つの凸形状がしっかりキープして、置いても転がりにくい設計です。
また、電池は「OPEN-CLOSE」表示で視認性も高く、単四電池で交換可能です。(取扱説明書を御確認の上電池交換を行ってください。)

口腔ケアに使用するということで、気になる衛生面もご安心ください。
除菌シートで十分な除菌ができること、検証済みです。
また、本体は生活防水製品です。消毒の際は取扱説明書を御確認の上、清拭作業を実施して下さい。

製品の御案内-2019年2月14日発売

当製品は本体及びスポンジブラシ1本、電池の1パッケージとなります。取り換え用スポンジブラシは別途50本入り(スターターキット用10本入り)をご用意しておりますので、御一緒にお選びください。
スポンジブラシを本体から外して、スポンジブラシ単独でも使用できます。
スポンジブラシのスポンジ部分を外して、口腔内のサーチライトとしても使用できます。
使用しない時はキャップを締めて下さい。

 スポンジブラシ -ピカスポ用-

特長

通常のスポンジブラシとして、単体でも使用できます。

スポンジヘッドの部分はふんわりとしたやさしい黄色いお花の形です。ちょっと長めの22mmでしっかり汚れをからめとります。ピカスポと組み合わせることで、明るく、片手で使用できます。
ご使用前に必ずスポンジが柄から外れないことを確認した上でご使用ください。

ピカスポ専用のスポンジブラシは柄が透明なので、ケアの時に口腔内がよく見えます。ピカスポと一緒に使用することで最大限の力を発揮します。360度分光するように計算、検証された特殊形状になっています。(特許出願中)

1本ずつ小袋に入っていますので、清潔です。ご使用の際はギザギザのカット部分から開封し、御利用下さい。

柔軟性のある丈夫な柄で作られています。通常のご使用状態では、折り曲げても割れません。スポンジブラシの保管、使用条件を想定した上で2年後の状態まで加速試験により劣化状態を確認済です。

製品の御案内-スポンジブラシ-2019年2月14日発売

 スポンジブラシのよりよい御活用の為に

口腔ケア・誤嚥性肺炎関連情報の御案内
様々なサイトに口腔ケア・口腔衛生についての記載がございます。ぜひご参照ください。

-厚生労働省 e-ヘルスネット

-日本摂食嚥下リハビリテーション学会 口腔ケアに関する報告書もあります。

-8020推進財団 口腔ケアで誤嚥性肺炎の防止

-歯科衛生士会 口腔健康管理について